ローヤルゼリー知識広めよう!レインボーリング協会

ローヤルゼリーで引き起こされるアレルギーとは?

アレルギーとは、免疫の異常な防衛反応により引き起こされる体の変調を意味しています。
咳が止まらなくなったり、体に痒みが出たり、発疹や、皮膚の炎症、呼吸器の疾患や、
目の充血や鼻水が止まらなくなるなど、アレルギーは多種多様に渡っています。

 

 

豊富な栄養素が含まれるローヤルゼリー、その中には

 

ローヤルゼリーには、40種類もの栄養素が含まれていて、高血圧、糖尿病予防、肥満の改善、
更年期症状の緩和や肌荒れの解消など、多くの効果を持っています。

 

しかし、一方でローヤルゼリーは、花粉症やアレルギー鼻炎を持っている人では、
アレルギーを引き起こすとして服用を勧められていないのです。

 

それが何故かと言いますと、蜜蜂が蜜を集めて来る時に花粉が蜂の体内の中で
どうしてもローヤルゼリーに溶けてしまうからなのです。

 

花粉症の方が、自分がアレルギーを起す花粉をローヤルゼリーから取り入れてしまうと、
同じようにくしゃみが出たり、目が充血したりします。
アレルギー性の鼻炎も同じで、ローヤルゼリーに含まれる花粉で、鼻水がひどくなるのです。

 

 

アレルギーを起さないローヤルゼリーを造るのは難しい・・

 

ならば、アレルギーを起さないローヤルゼリーを造ればいいとも思いますがそれも難しいです。

 

なぜならば、蜜蜂は巣箱の周辺を何キロも飛び回り、様々な花から蜜を採取するので、
どこで、どんな花の花粉を取ってきたか、特定できないからなのです。
必然的にローヤルゼリーのアレルギーに関してだけは、消費者が自分で回避せざるを得ないのです。

 

 

ただし、飲んではいけないという事ではない

 

ただ、アレルギーが出る人は、ローヤルゼリーを1mgも飲んではいけないという事ではありません。
アレルギーが発生するには、許容量があり、僅かでも症状が出る人や、
或る程度飲まない限りは、平気だという人もいるからです。

 

ですから、アレルギー症状がある方は、ローヤルゼリーを飲む前に医師と相談して、
飲んでいいかどうかの判断を仰いでみましょう。

 

そして、服用がOKなら、少しずつ飲んで、副作用を確かめてみるのが大事でしょう。